生命保険・自動車保険見積もり関連書籍のおすすめ本及びお役立ち情報を紹介しています。生命保険の契約に関する売れ筋の書籍や自動車保険の種類・選び方、損害賠償請求の手引き、それぞれの生命保険や自動車保険の書籍や保険会社の見積もり比較情報。自動車保険や生命保険選びにはまずネットで無料一括見積もりして、自分にあった保険内容かどうかを比較検討するのがおすすめです。またネットで申し込みすると最大4,500円も割引のあるアクサダイレクトなどのお得な保険会社もありますよ♪
New Entries

自動車保険見積もり業者比較のすすめ

自動車保険は以前、どの保険会社に加入しても車の保障と言う意味ではあまり差がないと思われていました。また、保険販売業者の窓口の人柄を信頼してその会社の保険に入ると言う例もたくさんありました。この場合は、保険会社で自動車保険を比較するというよりも、販売代理店の人間性を選んだ訳です。

自動車保険会社が増え続けている一方で、加入者は自分に最適な保険を選ぶ時代が来たといえます。保険業者と事故の対処者が同じ自動車保険損保を選ぶほうが安心だという人もいます。また、いろいろな自動車保険を比較して、貯金機能の付いた自動車保険保険を選ぶ人もいます。

自動車保険の見積もりを無料で行う会社がたくさんあります。いろいろな自動車保険を無料で比較してもらえたり、アドバイスを受けられる店も登場してきました。窓口の相談員に説明を受けることも一つの手段ですがこの場合大手の保険会社が多く、パソコンのサイトを利用するのも一つの手段です。

自動車保険のよりよいサービスを受けるために、いろいろな会社の自動車保険を比較することによって、今、現在加入している保険の価値を見直すことができると言えます。また、サービス会社は、それぞれの自動車保険のメリットを前面に打ち出しますが、ディメリットについても尋ねてみる必要があります。

自動車保険見積もりの等級割引制度について

自動車保険の等級割引率は、新規加入後すぐに事故を起こす時は割引時よりも高い保険料金になります。けれども、長い間無事故で10年以上年月が経ってから事故を起こしてしまうと、今までの保険料が少し高くなるだけですむことになります。加入後しばらくは事故を起こさないことが保険料を安くする鍵です。

自動車保険の割引条件は、車を運転する人の範囲が狭ければ狭いほど等級割引率が高くなります。しかし、この場合は限定された人以外がその車に乗って事故を起こした場合には保険金は降りませんから注意が必要です。また、これらの限定範囲は保険会社によっても違ってきます。

自動車保険の等級割引制度は何故作られているのでしょうか。それは、事故を起こした人と、そうでない人が公平に保険に加入するために作られました。安全に自動車を運転する人ほど安い保険料で加入でき、最高はもともとの保険料の4割程度支払えばよく、最低は1.5倍の保険料を支払うことになります。

自動車保険を考える場合には、自分の年齢が若い場合にはプロテクト特約を付け、年齢制限割引と等級割引がセットになった自動車保険を探すことが上手な加入の方法となります。また、年齢が上がるにつれ、無事故であれば自動車保険料は安くなるので、よりグレードの高い保険に入る方法もあります。

自動車保険(自賠責保険、任意保険)見積もり

自動車保険は予期せぬ自動車事故に備えるための保険であり、現在では我々の生活に最も密着した保険の一つです。自動車保険は法令により加入が義務付けられている自賠責保険と、任意で契約する任意保険から構成されており、任意保険では自賠責保険で保障しきれない部分をカバーする二重構造となっています。

強制保険である自賠責保険は、自動車損害賠償保障法(自賠法)により自動車1台1台に対し加入が義務づけらています。任意保険は文字通り任意加入の保険であり、大きく分けて、「対人賠償保険」・「対物賠償保険」・「搭乗者傷害保険」・「自損事故保険」・「無保険者傷害保険」・「車両保険」・「人身傷害補償保険」の7つがあります。

任意で加入する自動車保険はいろいろな組み合わせができるのですが、自家用自動車総合保険では自家用車を対象にほぼすべての任意保険がセットになっています。自動車総合保険では自家用・営業用を問わず、車両保険以外の任意保険がセットになっています。自動車保険では各種保障をある程度好きなように組み合わせることが可能です。ドライバー保険は車を持っていない人が他人の自家用車を運転するときの保険です。

規制緩和の流れに乗り自動車保険も業界の競争が激しくなっています。外資系保険会社の進出も盛んで、最近ではリスク細分型自動車保険と呼ばれるリスク要因を細かく分け保険料を細かく設定した自動車保険も登場しています。また、ネット通販専用の自動車保険会社も登場しています。消費者としては自己責任のもとで賢く保険会社を選別していきたいものです。

cms agent template0039/0040 ver1.003